読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤岩の忍たま視聴備忘録

忍たま視聴メモと幾つかの覚書

忍たまにお年玉をお小遣いとしてあげるとしたら総額はいくらか(20170504暫定版)

プリキュアについてのブログ記事でこのようなものがありました。

prehyou2015.hatenablog.com

 

コレを読んで赤岩さん、

忍たまたちにも、お小遣いとしてのお年玉、あげてみたらどうなるんだろう?」

という、出来心を暴走させてみたくなりました。

 

そもそもプリキュア忍たまでは時代背景が違いすぎます。
お年玉はもともと年神様へのお供え物が起源ですし、忍者が多くいた室町時代後期に「お小遣い」としてのお年玉は存在していません。

 

しかし忍たま時空だと、
「年神様を迎えて元日に全員一斉に一歳ずつ歳を取る」太陰暦の時代のはずが、
原作・アニメともに誕生日の時期を12星座占いで設定されています。
*1

 

さらにきり丸の持ってくるアルバイトには、ベビーシッターや造花づくりなど「これ室町時代にあったかな?」というものも含まれます。
*2

 

というわけで。

「細かいことは気にするな!」

な小平太精神で突っ切りたいと思います。

 (ただし後ろには会計委員長の潮江文次郎がいる)

 

金額について

 今回はわかりやすく現代の日本円で計算したいと思います。
(当時の通貨で考え出すとキリが無くなるので今回は見送ります)


上記の「プリキュアの数字ブログ」と、そこで参考にされていたサイトを元に考えていきます。

xn--18s066e.jp

コレによると

  • 未就学児は1000円 ※入学祝いなどでの補正は換算せず
  • 小学生は3000円
  • 中学生は5000円
  • 高校生は10000円

という目安があるようです。
上の金額はあくまでも一説で、家庭事情や相手との上下関係により変動すると思いますが、今回は一律でこの金額を基準にします。

 

ただし忍たま世界に適用するには、
「子どもの殆どが学校に行っている」
現代ニッポンの基準をそのまま当てはめられないと考えます。

 

もらえる対象について

 

プリキュアの数字ブログ」さんでは、プリキュア全員へのお年玉総額を計算したのちに、

 

では、
他アニメのファンの方はどれくらい、支出があるのか調べました。
当然こちらでも特定のキャラのみにあげるなんて贔屓はできません。
主要キャラ全員にあげるものとします。

ただし、大学生、社会人はもらえません!

 

と定義しておりました。

このあたりは耳が痛くなる方が多いかもしれませんが、そこはシビアな戦国乱世。厳し目に行きます。

 

結論から言うと、私は忍たまキャラへのお年玉は15歳まで」と決めました。

 

その理由の大きなものとして、忍術学園は10歳で入学し、15歳で卒業する決まりになっていることが挙げられます。
一方で、16歳の小松田くんは学校事務として、網問くんは兵庫水軍の水夫として働いています。*3

 

また当時の男児には元服という成人の仲間入りをする儀式があり、
その年令は家庭事情などでバラバラだったようですが、
作中で忍たま元服を済ませたという記述が見当たらないため、
「卒業までは未成年として扱われている」と仮定しました。

 

その他「学校」という機関がほぼ存在しない*4時代なので、
小中高の学年を年齢に置き換えて考える必要があるとした上で、

 

  • ~6歳:1000円
  • 7~12歳:3000円 (忍術学園だと3年生まで)
  • 13~15歳:5000円 (タカ丸さんもギリギリ入る)
  • 16歳からは大人扱い (お年玉卒業)

 

という形で計算します。

 

その他注意事項

 

今回は忍たま乱太郎」のアニメで「名前付きのキャラ」を計算します。
モブキャラはごめんなさい、このあたりは原作漫画でも作者がセルフツッコミ入れているところなので…。
そのためアニメ未登場(原作漫画には登場済み)の「羽丹羽石人」くんは計算から外しました(早くおいでー)。

くのいち教室はアニメ基準の人数にします(参考資料・忍たま忍法帖)。
おシゲちゃん、お年玉の使いみちはやっぱり彼の…?
なお各生徒の年齢がわからない部分がありますが、キャラ造形からしてユキちゃんトモミちゃんと同世代(小学生相当)と仮定して計算します。

(以下、別のキャラにも同じような推定を行って算出します)

 

初めての試みで、自分が把握できていないキャラクターもいると思われますので、
今回は暫定版としてお届けします
とりあえず忍術学園の子たちだけでも出せれば、くらいの気持ちで御覧ください。

 

レッツラ算盤♪

 

<忍術学園>  21万5000円

1~3年:29人
4~6年:16人
くのいち教室:12人(10~12歳と仮定)

「乱きりしんと土井先生・山田先生」からはじまった話も、いつの間にか名前付きの男子生徒だけで2クラス作れる人数に。それでも15歳で打ち止めしているせいか飛び抜けて高額にはなりませんでした。
また、2年に編入した後フェイドアウトした樋屋奇王丸は明らかに成人しているので除外してます。学費が続かなかったのかな…?

それと、くのいち教室にも忘れずに。彼女たち、プリキュアとは違う意味で女子力(物理)なので、ひどい目に合わないためには…。

<ドクタケ忍術教室> 1万2000円

10歳:4人

強い城の直営校ではあるものの母体の悪評が強く入学希望者が来ない、と魔界之小路先生が嘆いていただけあって、この金額に。
なんだか稗田八方斎がニコニコ顔でポチ袋を手渡す姿が容易に想像できる、というのもドクタケらしい気がします。

 

<風魔流忍術学校> 5000円

6年生:1人

対象生徒が錫高野与四郎のみ。古沢仁之進は中年からの転職組なので残念ながら除外。
他の生徒が出てきていないので1人だけに、忍術学園に来たときにでも渡しましょう。
ただ個人的には、与四郎が足柄~近畿を頻繁に往復する、その交通費の出処が気になります。絶対5000円じゃ足りない。あと同世代の子が同行していないのも少し引っかかります。

 

<抜天坊> 6000円

小学生相当:2人 ※利梵くんは9歳

生育環境が気がかりな兄弟、現ナマを渡したところを親に見つかると面倒なことになりそうなので、何回か一緒にご飯を食べに行ったりするほうが彼らにとっては安心するかもしれません。

 

<福富家> 1000円

5歳:1人

とても未就学児相当とは思えない聡明さのカメ子ちゃん、千円ポッキリだと逆に申し訳ない気もしますが、一方で彼女はお金を稼ぐ厳しさを目の当たりにしているので、金額以外のものをシェアできることが出来たら、なんて勝手に考えています。

 

<黒木家> 1000円

0歳:1人

1年は組の頭脳・黒木庄左ヱ門の弟、庄二郎へ。
お年玉と言うよりささやかな出産・成長祝になるかもしれませんね。

 

<安藤家> 1000円

5歳:1人

1年い組の教科担当、安藤夏之丞先生には娘さんがいます(名前は不明)。
こちらもしっかりとお育ちのお嬢さんです。失礼がないように、またお父様に嫌味を言われないように、気持ちを包んで渡しましょう。

 

<飯加玄南> 5000円

忘れがちですが彼もアイドル学年と同じ13歳。ただ彼に必要なのは金品より、入浴中に襲われることのない、安心して身を清めることのできる環境かもしれません。本人はそれでも嫌がりそうですが。

 

忍たま世界に必要なお年玉の総額(暫定)は?

 

24万6000円。

※キャラの取りこぼしがある気がするので、お気づきの点がありましたらコメントなどでご指摘願います。次に算出する際に反映させます。

 

高校生相当のお年玉を除外したので思ったより跳ね上がりませんでした。
プリキュアの現人数より多いのですが、総額はむしろ下回ってます。

現代より早めに自立しますし、むしろ子どもも働き口になりうる時代なので、
親戚からのお小遣いを頼りにするより自分で稼ぎに行くのが当たり前でしょう。

(きり丸のような、アルバイトで学費貯める戦災孤児もいますし)

 

でも、25万円ほど手元にあれば、
忍たまやその周りの子どもたちを笑顔にできる。


…きちんとボーナスが出る社会人さんは、ご検討されてはいかがでしょうか?
相手が創作世界の住人なので無理な話ですが(笑)

 

さて、納得しない人もいるかもしれないので…

 

ここからは蛇足です。

兵庫水軍のハイティーン組や小松田さん、利吉さんなど、
「やっぱり高校生くらいの子にもお年玉を!」と渡したい方がいるかもしれません。


公式で16~18歳だとわかる該当者をあげてみます。

  • 山田利吉(18)
  • 小松田秀作(16)
  • 出茂鹿之介(18)
  • 間切(18)
  • 網問(16)
  • 航(17)
  • 重(17)

 
この7名もお年玉の対象にすると、上記のものと合わせて31万6000円になります。
やはり1人1諭吉はかなりの増額になりました。

 

兵庫水軍、東南風くんは19歳なので惜しくも対象外。白南風丸くんは年齢不詳なので保留とします。
タソガレ三忍(椎良勘介・五条弾・反屋壮太)も年齢が不明なので除外。尊奈門くんは19歳です。

 

 

「年齢なんて関係ない!手渡ししたいんだ!」という方はお年玉以外の形で、相手になにかの出費が発生するタイミングを狙ってみるのもいいかもしれません。

 

もっとも、それは「おひねり」や「貢ぎ物」の部類になってしまいますが、忍クラだと実際に出てきそうな気がするの、私だけでしょうか…。

 

(きり丸の奨学金とか、保健委員の薬代とか、文次郎の残業代とかそんな理由つけて)
(同人イベントでのノベルティ見ていると満更でもない)

 

 

自分ですか?むしろ25万稼げるかどうかわからない、再就職活動中の身なので許してください…。

 

(という皮算用オチで、終わり)

*1:厚着太逸先生に至っては、タイツメーカーのATSUGIの創立日と同じ星座という、名前も含め「広告行為禁止」のNHK的にはギリギリな設定だったりします

*2:アニメ初期だとスキー場で甘酒屋台までやっているなどかなりのネオ室町時代っぷり

*3:ここでは、髪結いの仕事をやめて忍術学園四学年に遅れ編入した斉藤タカ丸さんは特例として扱います

*4:むしろ忍術学園という存在自体、口伝秘伝である忍法を踏まえると矛盾した存在であるのは尼子騒兵衛先生もネタばらししています